それぞれの症状に合わせた配合と処方が大事

それぞれの症状に合わせた配合と処方が大事大学の医学部で感じたことは「難しい病気の診断方法は教えてくれる、しかし治療の方法は教えてくれない」でした。

たとえば風邪の治療。風邪自体を治す「風邪薬」はなく、症状を緩和する治療薬(咳止めや解熱剤など)のみです。これでは『患者さんを治療する医療』ができません。そのとき思いついたのが、祖父や父が話していたこと。診断ではなく「患者さん」を、そして「病気」を治すのが漢方だということです。

●「陰」と「陽」の見極め
風邪には「葛根湯が効く風邪(陽証)」と「熱っぽい感じがない風邪(陰証)」のタイプがあります。このタイプの判断は極めて重要で、誤ると薬が効きません。たかが風邪、されど風邪、「風邪をしっかり治療できれば名医」と言われるほど、漢方の世界では「陰」と「陽」の見極めが大切なのです。

漢方は症状に適応した処方を選択できる漢方は症状に適応した処方を選択できる皆さんもご存知のとおり「この病気にはこの薬」と決まっているのが西洋医学です。一方、1つの症状でもたくさんの対処法を持つのが漢方です。

薬にも強い・弱いがあるのと同様、漢方にも強い・弱いがあります。たとえば体質が弱い患者さんに強い漢方を処方してしまうと、体調を悪化させてしまうこともありえます。このように「症状」だけでなく、患者さんの体質も見極めて処方する漢方を決める必要があります。つまり漢方は、症状の原因を考えて治療を進めることができるのです。

患者さんの中には、ご自身がインターネットで調べた処方を提示される方もいらっしゃいます。しかしその多くは「症状」または「疾患名」だけで導かれたもの。私たち漢方専門医は、漢方医学的診断に基づく処方をするため、疾患名だけで漢方を処方することはありません。もちろん患者さんには、疾患名とは別の治療のために処方することや、薬の説明書きとは異なる目的で使うことを説明します。

誤った知識を鵜呑みにせず、患者さんの体質や症状に合うよう処方された漢方を服用してください。

お気軽にお問合せください!

山田光胤記念漢方内科渋谷診療所にお気軽にお問合せください!