漢方の診察について

漢方の診察について漢方では患者さんに適応した処方を決める為に「証」を判定します。「証」の判定の為に四診という四種類の診察を行います。四診には望診、聞診、問診、切診の四種類があります。

1. 望診視覚による診察法を望診といい、四診のはじめです。望診には、骨格、筋肉、栄養状態、顔色などの観察と、舌診があります。
(1) 体格により虚実(体力の強弱)を判定する。
(2) 顔色、赤みの有無、紅潮のしかた、きたないなど。
(3) 舌診、舌苔の有無、色など。

2. 聞診聴覚、嗅覚による診察法といいます。
温清、咳嗽、喘鳴、呼吸音、?語(うわごと)、吃逆、噫気、口臭、体臭、排泄物、分泌物、(腹診の際に)胃内停水、腹中雷鳴などを判断します。

3. 問診患者さんの訴え、既往歴、家族歴、遺伝関係などの情報を聞き出します。現代医学の問診に近いものですが、証の決定に必要なポイントを聞いていきます。

4. 切診(1) 脈診
脈の状態により、陰陽、寒熱、虚実を判定します。

(2) 腹診
日本漢方独特の診察法で、陰陽、虚実を判定して、証を決定します。四診の中でも最も重視される診察です。
腹診では、皮膚の湿潤、完走、腹壁の厚薄、腹部動悸などを見ると同時に、漢方独特の各種腹証を確認していきます。

お気軽にお問合せください!

山田光胤記念漢方内科渋谷診療所にお気軽にお問合せください!