風邪、インフルエンザと漢方

風邪薬は風邪を治さない!!風邪薬は風邪を治さない!!風邪をひくと熱が出ます。この発熱はウィルスの活動を弱めるために体が反応して熱を出しているのです。つまり体が風邪と闘ってる反応です。

一般的な風邪薬は熱を下げる作用を持っています。ちょっとした風邪ですぐに風邪薬を飲んで熱を下げることは、体の風邪との闘いを妨害するだけです。風邪薬を飲んだことによって風邪の回復が遅れて、なかなか治らないということはこのことを考えただけでも容易に想像できます。

風邪薬を飲んですぐに風邪が治ったと思っている人は、それだけ免疫力、抵抗力が強く、薬による解熱とともに治ったような気がしているということで、風邪薬は全く必要なかった、あるいは飲まなければもっと早く治ったということです。お年寄りや体力の弱い人は、いつまで風邪が治らず無熱性肺炎となり生命の危険にもなります。

風邪をひくとすぐに抗生物質を飲む人もいます。風邪というのはウィルスが原因で発症します。抗生物質はウィルスには全く無効です。抗生物質を飲むという行為は無意味です。

漢方ではこのような無意味な治療をせず、人間の身体の自然治癒力を高めて風邪を治します。風邪はひき初めは体表から始まり、だんだんと身体の深部に入っていくと考え、その風邪の位置(病位)に合わせ、また患者さんそれぞれの体力に合わせて治療をしていきます。今日はこの典型的な治療方法と薬についてさらにインフルエンザ治療への応用について簡単にお話しします。

自分にあった治療法が解らないときは、安静が一番、何か服用したいときは生姜湯を飲んで下さい。

風邪の漢方治療風邪の最も初期は多くは太陽病となる。

太陽病
病邪は体表にある。症状は悪寒、発熱、頭痛、咽頭痛、関節痛、四肢痛
脈は浮脈
治療方は体表より病邪を発散させる(発汗)。
虚証(体力の弱い人) = 自然発汗がある、脈が弱い → 桂枝湯、香蘇散
実証(体力の強い人) = 自然発汗がない、脈が強い → 葛根湯、麻黄湯

体力のある人、闘病反応の激しい時に用いる薬●葛根湯
【葛根湯の効く風邪】
1. 風邪の初期である(浮脈)
2. 体力は中等度以上(筋脈)
3. 自然発汗がない(虚証では自然発汗がある)
4. 肩がこる、首筋や背中が強ばる
5. 臍痛点

【構成生薬】
・葛根
クズの根、発汗解熱の作用があり、肩背のこりをとく。
・麻黄
発汗、利尿、治喘咳、鎮痛の効果がある。
・桂枝
中国南西部のクスノキ科の植物の枝の皮。通常は芳香性健胃駆風薬とされるが、薬能としては気の上衝を主治し、比較的体力の低下した人で、下腹部から突き上げる症状、頭痛、のぼせ、発熱、悪風、自汗、身体疼痛、胃腸を整えるなどに応用される。
・芍薬
芍薬(白花)の根。筋肉の緊張、弛緩を調整し、鬱血を去り、腹痛、下痢を治す。
・大棗
なつめの果実。緩和作用のある、強壮、利尿剤で鎮咳鎮痛の効がある。
・甘草
カンゾウの根。薬方の調味を図り、胃腸の機能を調整することによって主薬の作用を援助する。解毒、胸痛、腹満、腹痛などの薬能を期待、他生薬との配合で大きな効果を表している。
・生姜
カンゾウの根。薬方の調味を図り、胃腸の機能を調整することによって主薬の作用を援助する。解毒、胸痛、腹満、腹痛などの薬能を期待、他生薬との配合で大きな効果を表している。

●麻黄湯
葛根湯よりも体力が充実している場合。虚弱な人でも病状が激しい場合にには用いることがある。症状が葛根湯よりも激しく、発熱も高熱となる。葛根湯が肩、背の凝り程度であるのに対して、関節痛となる。
【構成生薬】
麻黄、杏仁、桂枝、甘草
杏仁
アンズの種の仁。鎮痛、鎮咳喘、利尿の効がある。

●大青竜湯
麻黄湯より更に実証で症状が強いもの。身体痛は筋肉痛にまで及び、口渇、煩躁(苦しくて居ても立っても居られない様な状態)を伴う。風邪ではほとんど使うことがないが症状の激しいインフルエンザには使われることが多い。素人判断での服用は厳禁。

【構成生薬】
麻黄、杏仁、桂枝、甘草、大棗、乾生姜、石膏
・石膏
軟石膏で天然の含水硫酸カルシウム。沈静、消炎、解熱の効がある。

虚証、体力の弱い人に用いる薬●桂枝湯
【構成生薬】
桂枝、芍薬、大棗、生姜(乾生姜1.0)各4.0/甘草2.0

【桂枝湯の使用目標】
平素から体力が弱く、風邪をひきやすく、疲れやすいような虚弱な人が
1. 脈が浮弱で、悪寒して発熱する。このとき頭痛がしたり、のぼせたり、自然発汗があったりする。
2. 熱が出て、発汗剤を与えて発汗したが、解熱せず悪寒が去らず、脈は依然浮弱の者。
3. 気の上衝。
4. 原因がはっきりせず、悪寒発熱が続く者。
脈浮弱は、脈が浮で、緊張力が弱く少し強く按ずると消えてしまうような脈である。之は表虚証を意味している。

傷寒論に桂枝湯の服用方法について、一服で汗が出て良くなったら後は飲む必要はない。もし汗が出なかったら、もう一度、前のように飲むと良い。それでもまだ汗が出なかったら、後で飲む分は自汗の間隔をつめて、半日ばかりの間に、三服を飲み尽くすようにする。もし病が重くて、良くならないときは、病の経過を観察しながら、一昼夜飲み続けて良い。とあるがこの記載を麻黄湯に適応してインフルエンザの治療に応用することがある。

●香蘇散
【構成生薬】
陳皮、香附子、蘇葉、甘草、乾生姜
・陳皮
ミカン科のウンシュウミカンの成熟した果皮。中国ではポンカン及びその近縁種が用いられる。未成熟な果皮を青皮と呼び、陳皮と使い分けられる。健胃、駆風、去痰、鎮咳作用があり、食欲不振や嘔吐、疼痛、咳嗽などに用いる。
・香附子
カヤツリグサ科のハマスゲの根茎。ひげ根、鱗葉を去ったものを「光香附」ともいう。中国(湖南、浙江、山東、河南省など)、朝鮮半島に産する。精油約1%を含む。通経、浄血、鎮痛薬として、月経不順、月経痛、神経症、諸種の胃・腹痛などに応用する。
・蘇葉
シソ科のシソまたはチリメンジソの葉。種子は紫蘇子と称し、葉と同様に用いる。中国、朝鮮半島、日本に広く産する。精油を含む。発汗、解熱、鎮咳、鎮痛薬として、気管支炎、胃腸炎などに去痰、消化促進の目的で応用する。また魚肉などの中毒に解毒薬として用いる。

香蘇散は軽い風邪に用いる最も使いやすい風邪薬、また神経精神的な原因の諸疾患、耳鳴り、難聴などにも効果のある処方である。食物が原因となる蕁麻疹にも有効である。

【香蘇散の使用目標】
1. 胃腸虚弱な人のかぜ、発熱の初期、葛根湯や麻黄湯は強すぎて、桂枝湯は胃にもたれるという人が、頭重、頭痛、悪寒、食欲不振を訴えて、熱が出たり風邪気味だというとき。
2. 平素虚弱で神経質、気分が憂鬱で胃が弱く、食欲不振、精神不安、頭痛のあるもの。
3. 魚、肉中毒による発疹、蕁麻疹。
4. 耳鳴り難聴に用いて効果があることがある。著者ははこの処方を耳鳴りに色々な処方と合方して用い、たびたび有効例を経験している。

少陰病、寒い風邪に使う薬●麻黄附子細辛湯
少陰病の風邪に使うのが麻黄附子細辛湯です。
【構成生薬】
麻黄、附子、細辛
・附子
トリカブトの塊根。興奮、鎮痛、治麻痺、新陳代謝機能を高め、四肢の厥冷を治する。
・細辛
ウスバサイシンの根。頭痛、関節痛、鼻閉を治し、鎮咳の効がある。

【麻黄附子細辛湯の使用目標】
体質が虚弱な人や体力が低下した人、少陰病の初期数日間、悪寒ばかりでほとんど熱感がなく、顔面蒼白で微熱、倦怠、無気力、脈は沈細で力がない。手足が冷え、咳、軽度の咽頭痛、四肢、関節痛などを訴える。脈は急性症では浮弱のこともある。少陰病の表熱裏寒で熱は仮の熱でこれを真寒仮熱という。

●少陽病
太陽病より移行する。発病3~4日から6~7日後の場合が多い。
症状: 胸脇苦満、往来寒熱、口苦、咽乾、舌苔、胸満、咳嗽、喀痰

●小柴胡湯
【構成生薬】
柴胡7.0/半夏5.0/生姜(乾1.0)4.0/黄? 、大棗、人参各3.0/甘草2.0

【使用目標】
1. 体力中等度以上
2. 往来寒熱(悪寒が止むと熱が出て、熱が下がると悪寒がする)
3. 胸脇苦満
一般の症状としては気分が重くて食欲がなく、胸苦しく、たびたび吐くようになる。胸苦しくても吐かず、口渇のあることがあり、腹が痛むことがあり、季肋下がつかえて硬くなり、心下部で動悸がして、尿利が減少することがあり、口渇がなくて、身に微熱あり、熱がうちにこっもていることもあり、咳が出ることがある。口が苦くなったり、舌に白苔がついたりすることがある。

●柴胡桂枝湯
【構成生薬】
柴胡5.0/半夏4.0/桂枝2.5/黄? 、人参、芍薬、生姜(乾1.0)/大棗各2.0/甘草1.5
柴胡桂枝湯は小柴胡湯に風邪の初期の処方である桂枝湯を合方した構成生薬で、つまり初期の症状も残している場合、発熱悪寒、節々が痛い、うずくという症状が残っている場合が適応となる。

【使用目標】
体力は中等度ないしやや低下した人が目標。急性感染症の場合は発熱してから数日が経過して、往来寒熱を呈し、悪寒、頭痛、悪心、嘔吐、腹痛などがあり、腹証としては胸脇苦満があり、両側の腹直筋の攣急(心下支結)が認められる。慢性病の場合は腹痛などの腹部症状、てんかん、神経症などの精神神経症状などに主に使われる。胃潰瘍や胆石症の痛みに非常に有効例が多く、また小児癲癇にも頻用される。

●柴胡桂枝乾姜湯
【構成生薬】
柴胡6.0/桂枝、括呂根、黄? 、牡蛎各3.0/乾姜、甘草各2.0

【使用目標】
この方は柴胡剤の中で最も虚した状態に用いられるものであり、一般的目標としては、小柴胡湯証に準じ、しかも身体虚弱で体力が衰え、或いは長年の病気で衰弱しているような状態の者に用いられる。胸脇がつかえて苦しく、往来寒熱或いは微熱があり、食欲が無く、寒気が多く、頭痛、咳、盗汗などがあり、患者はやせがたで貧血気味、疲れやすく動悸息切れがしやすい、ときに腹痛が起こり、尿利が減少することがある。特徴は、汗は顔面や頭部からでやすく、口乾や軽い口渇があり、胸腹の動悸が亢進していまして、脈も、腹も緊張が弱く、胸脇苦満があるがたいていは軽いものである。

【古人による応用のこつ】
1. 下痢が長い間やまず、あるいは下痢が止んで、脈が数で、食欲がない、あるいは、口渇があって腹中にどうきがあるものは柴胡桂枝乾姜湯がよい。
2. 喘息でさむけがして熱があり、胸部の動悸の激しいもの。
3. 耳鳴りで、動悸が上がって耳に響くもの。
4. 労状(肺結核のような症状)のようで、咳がよく出て、白沫を吐し、声がよくでないで、往来感熱往来寒熱するもの。
5. 腹診すると、腹じゅうに網のように動悸があり、小便が淋瀝するもの、婦人帯下があって小便が淋瀝するものによい。
6. 長い間、赤白帯下を患って、痩せて力が無く、往来感熱往来寒熱して渇するものを治す。
7. 小児の疳症(神経質)はいろいろあるが、胸脇満して微結するものはこの方がよい。

●参蘇飲
【構成生薬】
紫蘇葉、枳殻、乾生姜、木香、甘草各1.0/桔梗、陳皮、葛根、前胡各2.0/半夏、茯苓各3.0/人参、大棗各1.5

【使用目標】
使用目標は虚証で振水音の著明なものの感冒で発熱、頭痛、咳嗽、痰を喀出し、心下が痞えて張り、嘔吐して水を吐くような者。

お気軽にお問合せください!

山田光胤記念漢方内科渋谷診療所にお気軽にお問合せください!