人の命運(さだめ)

遠い記憶を、ふっと思い出すことがある。最近もこんなことがあった。

昭和十九年三月の末、第五十九期士官候補生として、旧陸軍航空士官学校へ入学した(陸軍では入校といった)。その月の二十日頃、陸軍予科士官学校を卒業し、航空兵科を志望したからである(地上兵科、歩騎砲工は陸軍士官学校へ進んだ)。

入校後の最初の日曜日(だったと思う)、区隊長に引率されて外出した。(陸士はいわゆる全寮生活で、寮を生徒隊隊舎といい、一般の軍隊と同様の生活をした。生徒隊の最小単位が区隊で、三十名余りの生徒。学科ー旧制高等学校理科と同等ー以外の諸訓練から日常生活万般の指導をされたのが区隊長ー数期上の陸士の先輩、時の区隊長は五十四期の大尉だった。陸士も旧軍隊と同様に、休日は学校外へ出ることが許されていて、外出といった。その日は、入校後、初めての外出だったので、区隊長引率となったわけ。)

目的(地)は、当時の所沢飛行場の見学だった。其所で、新型の戦闘機が数機並んでいて、搭乗員の航空将校が、それらを一心に点検していた。その将校達は、中尉の階級章を付けた陸士五十六期生達で、新しい飛行機を、受領に来ている加藤隼戦闘隊の隊員だった。見学に来た我々後輩を、喜んで迎えてくれて、新鋭機の説明を種々とされたあと、希望者を操縦室に乗せてくれたりした。

当時既に、戦争は末期に近く、飛行機も人員も、消耗が甚だしかった。一式戦(戦闘機)と呼ばれた隼の多くを失ったので、その人達が新しい四式戦(戦闘機)を、内地迄受け取りに来ていたわけだが、陸士五六期とは、卒業してまだ二年余りにしかならない若者達だった。その人達が、あの歌にもある有名な、加藤武男少将(当時中佐、戦死後二階級特進)の率いた戦闘機隊のその頃の主力にたっていたわけである。その後、加藤隊長は戦死され、恐らくその人達も、生きて日本へ帰れなかったろう。

ところで私は、戦前の生まれで戦中育ちだった。子供の頃の時代は、「末は大臣、大将に」という社会だった。子供の頃私は、向こう気が強かった。小学一年で、体格は一番小さい方だったのに、一番大きな友達と角力をとって、親戚のお兄ちゃんに教わった腰投げを試みたりしたことと、佐藤君といったその友人の名を、何故か覚えている。

とからが、二年生の秋頃、慢性腹膜炎が発病し、以来長年に亘って病患に苦しむことになった。死線をさ迷うこと数年に及んだが、幸いに、大塚敬節先生という古今の名医に巡り逢えて、先生の漢方治療で健康になることが出来た。しかし、その間、前後八年にも及ぶ年月だった。療養生活の間に、T君という小学校の同級生が、陸軍幼年学校に入ったという風の便りを聞いて、真底羨ましいと思った。「俺も病気さえしなかったら(ようねんがっこうへ)行ったのになあ」と考えたものである。T君とは、小学校の成績も同じくらいだったと思う。

その後のT君については、何も分からないが、順調なら彼は、陸士五六期か五七期生になったはずである。五七期生もまた、航空隊では消耗が甚だしく、航空士官学校卒の搭乗員は、約五八%戦死したと学校史に記載されている。

私が幼年の頃大病に罹らなかったら、多分、初めから軍人の道を選んだだろう。そして多分、戦争を生き残る可能性は、極めて少なかっただろう。いわば病気のお陰で、命を長らえたように思うこの頃である。

1997-10月

お気軽にお問合せください!

山田光胤記念漢方内科渋谷診療所にお気軽にお問合せください!